アートビリティ大賞


第29回アートビリティ大賞式典

 

2017年12月8日(金)に、第29回アートビリティ大賞式典が行われました。

アートビリティでは、年間で活躍した登録作家3名を選出します。 式典当日は、各賞受賞者の方々、登録作家の方々、各賞プレゼンターを務めていただいた企業の方々をはじめ、日頃よりアートビリティをご支援いただいているクライアントの皆さまが一堂にお集まりくださいました。

3賞の詳細はこちら

アートビリティ奨励賞、山本勝彦さん

趣味で貼り絵を行っていた山本さんは、「彦根きりえ研究会」への入会により、その深さに惹かれたことがきっかけで切り絵を始められました。
彦根市美術展覧会や滋賀県美術展覧会では数多くの賞を受賞、個展の開催や、滋賀県護国神社にあんどんの切り絵を奉納されたりと、様々な角度から芸術活動に取り組まれています。また、コンスタントな応募実績、精力的な活動が評価され、今回の受賞となりました。

Photo

 

日立キャピタル特別賞、秦美紀子さん

リハビリで始めた絵で才能を開花させた秦さんは、夢の世界を描く人気作家として活躍していらっしゃいます。
2回のアートビリティ大賞受賞者という実績、安定した実力を持ちながらも、現在もさまざまな画材にチャレンジし、日々、絵の研究を熱心にされている秦さん。
使用実績を含め、変奏曲のように色や形が変わっていく人、動物、植物、家々たちの不思議な世界観、作家性が評価され、今回の受賞となりました。

Photo

 

アートビリティ大賞、ミィさん

ミィさんは2007年 健康食品販売会社の在宅スタッフとして絵葉書の仕事をいただいた時に、色鉛筆画を始められました。2012年にアートビリティ初登録、現在の登録作品は26点です。
暮らしの中でふと感じる、わくわく、ふしぎなどを描きとめる気持ちで作品を製作されているとのことです。細い線で幾度も重ねた色は、ミィさんの想いそのものです。
ミィさんの描かれる、優しいファンタジーの世界は、観る人にあたたかい安らぎを与えてくれます。
第26回アートビリティ大賞では、アサヒビール奨励賞を受賞され、さらに第28回アートビリティ大賞では日立キャピタル特別賞を受賞されました。着実にステップを踏み、今回大賞を受賞されました。

Photo

みなさん受賞を大変喜ばれ、目はきらきらと輝いていらっしゃいました。
受賞、本当におめでとうございます。

会場では授賞式だけでなくアートビリティの活動、そして作品使用の実例を紹介するコーナーがあり、クライアントの皆様にも興味を持って見て頂く事ができました。
受賞作家さんだけでなく、アートビリティ登録作家さんや、クライアントの方々との年に一度の貴重な交流会となりました。

これからのアートビリティ事業についてや、作家さんの日々の活動、クライアントの方々のアートビリティ作品に対する思い等、尽きる事のない意見交換がされました。

Photo

Photo

来年度、3賞に輝く作家さんは!?今から、わくわくしますね!
今年度も、皆さまのおかげで無事に第29回目を迎えることができました。
各賞受賞者の方々、登録作家の方々、各賞プレゼンターを勤めていただいた企業の方々をはじめ、日頃よりアートビリティをご支援いただいているクライアントの皆さま、スタッフの皆さま、改めてお礼申し上げます。

アートビリティ事務局