定例審査会

 

2021年7月8日(木)に行われた定例審査会で、新たに登録された作品をお知らせします。
作品応募についてはこちらをご覧下さい。

 

新型コロナウィルスの感染拡大の影響による、度重なる緊急事態宣言発令や延長により、
7月8日(木)に行われました、定例審査会では、2021年5月分、7月分、2回分を審査させていただきました。

応募者は23組(未登録作家4組・登録作家19組)
応募作品数は294点(未登録作家18点・登録作家279点)
14組の46点が登録となりました!
登録率は、約17%です。おめでとうございます。

さて、次回、8月5日(木)に予定しておりました定例審査会についてお知らせです。
7月12日(月)から8月22日(日)まで、アートビリティのある東京は、4回目の緊急事態宣言が発出されました。
東京コロニー アートビリティのオフィスや審査会会場となる会議室は、障害者通所施設内にあるため、
緊急事態宣言下は、外部から大勢の(先生)方をお招きするようなイベントを開催できないルールとなっております。
事務局といたしましても大変心苦しいことではございますが、8月5日(木)の定例審査会は延期とさせていただきます。
緊急事態宣言が解除されている場合、次回審査会は11月11日(木)を予定日とさせていただきます。
何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
既に、審査会に向けて作品をご応募頂いていた方には、個別にご連絡をさせていただきます。
お預かりしている作品は、緊急事態宣言が解除されている場合、11月11日(木)に審査させていただく予定です。
未だ、お送りいただいていない作家の皆様は
11月9日(火)16:00必着でアートビリティ事務局へ作品をお送り下さい。
引き続き、よろしくお願い申し上げます。

※現在、事務局は在宅勤務も取り入れております。お急ぎのご連絡は、メールにてお願い申し上げます。

【お問合せ先】アートビリティ事務局
MAIL:info@artbility.com
アートビリティ:03-5988-7155

【作品送付先】
〒165ー0023
東京都中野区江原町2-6-7
TEL:03(5988)7155

(アートビリティ事務局)

次回の審査会は2021年11月11日(木)の予定です。

登録作品

作品番号 作家名 タイトル
6550 木村 遊夢 とり
6551 木村 遊夢 きりん
6552 木村 遊夢 一杯いかが
6553 木村 遊夢 汽車ポッポ
6554 木村 遊夢 ねこ
6555 木村 遊夢 かに
6556 大山口 浩司 リスと木の実
6557 大山口 浩司 リスの目覚め
6558 大山口 浩司 カエル夢幻歌
6559 大山口 浩司 カエルの授業参観
6560 上杉 春香 笛ふく人
6561 上杉 春香
6562 上杉 春香 朝のオウム
6563 上杉 春香 アザラシ
6564 ALMOND
6565 ALMOND
6566 ALMOND
6567 ALMOND
6568 ALMOND
6569 ALMOND
6570 ALMOND
6571 ALMOND
6572 ALMOND
6573 ALMOND
6574 ALMOND
6575 ALMOND
6576 カミジョウ ミカ 干支に象さんいたっけ?
6577 カミジョウ ミカ アメーバの中にコッソリさん
6578 カタツムリ おそろいのカブト
6579 カタツムリ レインボ~ふくろう☆★
6580 廣瀨 美緒子 花の音符
6581 廣瀨 美緒子 無限につづく入口
6582 廣瀨 美緒子 翼の王国
6583 大志田 洋子 なにしてるの?
6584 山本 勝彦 落ち葉のカーペット
6585 山本 勝彦 夏・真盛り
6586 OSACO.T いつまでも遊びたい
6587 OSACO.T ハートを掘りあてろ! ー働く仲間ー
6588 OSACO.T ハートピンククジラ
6589 ミィ 花とおさかな①
6590 ミィ 花とおさかな②
6591 加茂 賢一  突進するマンドリル
6592 加茂 賢一  運動能力を発揮するチーター
6593 旭 夏空 コスモポリタンお花畑
6594 旭 夏空 ビビッドにいこう!
6595 Meri 灯下
     

2021年度の定例審査会

下記の日程で行う予定です。

  • 2021年4月8日(木)
  • 2021年5月13日(木)
  • 2021年7月8日(木)
  • 2021年8月5日(木)
  • 2021年11月11日(木)
  • 2022年1月13日(木)
  • 2022年3月17日(木)

※定例審査会の日程変更等は、随時HPでお知らせします。

 

アートビリティではこのようにして、毎回真剣に、そして慎重にみなさんから送られてくる作品を審査していますが、中には芸術的にはたいへん素晴らしい作品でも、商用ベースで作品を審査するアートビリティの主旨に合わないため、やむなく登録を見送る作品もあります。そのような場合、作家の方には大変不本意な思いをさせてしまうことがあるとは思いますが、何卒、アートビリティの運営主旨をご理解の上、御了承頂きたく思います。